一般社団法人介護離職防止対策促進機構 > 開催報告 > 第12期 介護離職防止対策アドバイザー養成講座開講

第12期 介護離職防止対策アドバイザー養成講座開講

6月25日(月) 第12期介護離職防止対策アドバイザー養成講座を開催いたしました。
17名のアドバイザーが誕生しました。

定員を増やしたので、いままで以上に熱気あふれる講座になったのではないでしょうか。

今回も2限目と3限目は宮里講師が担当

以下に参加者からの感想などを一部ご紹介いたします。
***************
・介護の一般知識に掲載していない話が非常に役に立った
・休業や働き方の施策はあるが、周知活動がかなり不足していると感じた
・社内だけでなく、地域へのつなぎ方をふくめリーフレット作成や案内といった情報提供を行いたい
・ネット情報や介護関連の本を読みながら勉強していたので、制度で良く理解部分について理解を深められました
・相談を受ける時の軸の大切さを学ぶことができた
・講義内容については内容が多く、6時間では到底理解しきれないというのが正直な感想です
・独学で学んでいたが、本日の講座を受けたことで、知識に一本軸が通ったように感じました
・介護の基本的知識のみ持っている状況でしたが、講座の内容を聞き、従業員に対して行うことにはまた違った知識も必要であると気付かされました
・キャリアコンサルタントと連携した専任アドバイザーの設置が必要だと感じた。社内で働きかけを行っていきます
・体系的に学べる良い機会であった。介護休業取得者へのアプローチなど出来ることから始めてみます。
***************