一般社団法人介護離職防止対策促進機構 > 開催報告 > 第9期生 介護離職防止対策アドバイザー養成講座開講

第9期生 介護離職防止対策アドバイザー養成講座開講

平成29年12月22日
第9期 介護離職防止対策アドバイザー養成講座を開催いたしました。
9期生は8名です。

 

 

 

 

 

 

 

今回はNHKの取材も入り、参加者の皆さまにおかれましては
ご協力ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

そして、今回から宮里講師と和氣講師のコラボ講座となりました。

 

 

 

 

 

 

各企業の人事労務担当者、研修講師、看護師、社労士、地域包括支援センターの相談員と
様々な立場の皆さまと一緒に
介護離職防止対策や仕事と介護の両立支援について学ぶことができました。

当機構で養成している
介護離職防止対策アドバイザーは
当事者の支援はもちろんですが、
「介護をしながら働くことが当たり前」の社風作りや職場作りもその役割としています。

アドバイザーを取得された皆さまにおかれましては
各々のフィールドで創意工夫をしながら活躍していただきたいと願っております。

<参加者の感想を一部ご紹介いたします>
***********
介護離職防止の必要性をしっかりと社内コンセンサスを取り、進めていきたいと思います。
***********
人事と相談し、個別での相談でとどめてはいけないと感じました。会社としての取り組みを考えたいと思います。
***********
介護支援(会社やアドバイザーのする)の質について客観的把握ができました。
***********
職員の手当システムがはきりできていないので、当初若く入職した職員も40代、50代となり正にケアラーの職員も増えています。人材確保できない中、離職のない職場を目指します。
***********

長時間の講座、皆様大変お疲れさまでした!

 

 

 

 

 

 

次回開講は2月23日です。

https://rc.persol-group.co.jp/learning/openseminar/care-advisor/