介護セミナーコンテンツ全部差し上げます 講師養成講座

第5期募集中
開催日時:平成29年3月23日(木)10:30~17:00

介護離職防止対策始めませんか?

「介護離職ゼロ」が政策となって約1年がたちます。
突然企業を襲う介護離職問題に備えるために「介護離職防止」「仕事と介護の両立支援」への興味は日に日に高まっているように感じます。
多くの企業人事やダイバーシティ推進担当者に出会って
「企業は何からすればいいのか」「企業はどこまでやればいいのか」という声が多いことに気づきました。

必要なのは介護保険の知識です。

介護離職防止対策や仕事と介護の両立支援を手さぐりで取り組んでいても基本となる介護サービスの知識や介護休業の使い方が分かっていなければその先の両立支援対策は絵に描いた餅になります。
担当者に絶対的に足りないスキル。
それは介護保険の知識と社内の制度をつなぐスキルです。

受講するだけで介護離職防止対策になります。

介護の基礎知識を持った方が会社にいるだけで介護離職防止対策の一環になります。
KABSの講座では介護経験に基づいた介護保険の知識や活用方法、つまり、必要最低限の基礎知識を効率よく学べます。
基本を学べば応用は可能です。費用対効果の高い講座をこの機会に是非ご受講ください。
受講後には修了証と「介護離職防止対策アドバイザーのいる会社」をアピールできるツールなどもご提供いたします。

参加者の声

  • 内容がわかりやすく、ひとつひとつ経験から言っていただけた。
    介護離職防止対策アドバイザーとして
    「こんな働き方があるよ」だけでなく、メリット・デメリットを提示できるように勉強していきたい。
    (国立研究開発法人・担当者様)
  • 初歩、一般常識のレベルから教えてくださった。
    テキストがものすごく充実している
    実体験のエピソードがあるのでよりわかりやすい
    (労働組合・担当者様)
  • 内容が多いのでもう少し時間をとってもいいと思います。
    自分の介護経験と重なることが多く、改めて非常に勉強になりました。
    介護の相談スキルの講座や介護離職防止対策アドバイザー上級講座も受講してみたいです。
    人事部やダイバーシティ推進担当者には本講座の受講を薦めます。
    (保険会社・担当者様)
  • ad1012 第1期生(H28.10.12)
  • ad1026 第2期生 (H28.10.26)
  • 第3期生(H28.12.20)
  • 第4期生(H29.1.18)

介護離職防止対策アドバイザーの役割

①実態把握調査
②周知活動
③情報提供
④ネットワークづくり
⑤初動フォロー
⑥介護休業・介護休暇の利用促進およびフォロー
⑦両立課題の提供と制度見直しの提案

概要

内容 【1 限目】企業における介護離職防止の手順
【2・3限目】公的介護保険の仕組み
【4 限目】入院から介護開始までの仕組み
【5限目】仕事と介護の両立支援の取組み 修了証授与

講師和氣美枝(KABS代表理事)他
日時・会場 第5期生
平成29年3月23日(木)10:30~17:00
東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田 学習室7
定員 両日とも10名(先着順・1社1名まで)※最低催行人数3名
参加費 65,000円(消費税別)/人
対象者
  • 人事、ダイバーシティ推進、労務、総務、経営企画などの担当者
  • キャリアカウンセラー、社労士 など